占い師というものは大変な仕事である

占い師は楽な仕事じゃない


占い師は利用者から悩みごとを聞いて鑑定・結果を伝えるだけでお金をもらえると安易に思っていませんか?実は大変な仕事。

”占い師は稼げる”というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
実際に月100万を超える報酬をもらっている有名な占い師たちもいます。これだけを聞くと夢のある仕事だと思いますよね。しかし、その夢のような占い師は一握りの人間だけなのです。

それはどんな占い師なのかというと《占いに実績があり、新規顧客も多く、リピーター率も高い。それに加えてメディアなどでも活躍をしている》こういった理由がある占い師です。

デビューをしたからと言ってすぐに稼げるという仕事ではありません。いかに自分の鑑定力を利用者に認めてもらえるかが重要になります。

それでは実際に、どんなことが大変なのかを挙げますのでそれを知った上で占い師募集や求人に目を通すようにしましょう。

競争率が高く辞める人が多い占い業界

占いという業界は競争率が非常に高いです。
電話占いでは新人としてデビューをするペース早く、数字で表すと大体1週間に1人がデビューするということです。

「でも毎週毎週、デビューしていたら膨大な人数になるんじゃないの?」と疑問になるかと思いますが、実際に在籍している占い師は100人程度になります。要するにデビューする占い師がいる中で辞めていく占い師も数多くいるということです。

こう考えると生き残るのがどれだけ大変なのか、お分かりいただけると思います。
新規のお客様が付くだけでは電話占いで生き残るのは厳しいです。新規獲得も大切なことですがそれだけではなく、また利用をしてくれるリピーターをつける必要があります。デビュー当時は良いですが、毎週のように新しい占い師が入ってくるので新規獲得がしにくくなります。

自分の鑑定をいかに多くのお客様に利用してもらえるのかを考え、努力をすることが大切です。

電話占い師の報酬に関して

電話占いは完全出来高制となっています。
ですので、1日長時間の待機をしたとしても鑑定依頼がなければ報酬は発生しません。

デビュー当時は新しい占い師として物珍しさから利用者が多く寄せられますが日にちが経つにつれて利用数が落ち着いてくるのです。はじめは月は思った以上に稼げたと油断していると次の月から苦しくなるのでそうならない為にもリピーターになってもらえるように鑑定や話し方に気を遣いましょう。

話を聞くのが得意だからと言って占い師になれるわけではない

占い師募集や求人にこんなことは書かれていませんか。
【人の話・相談を聞くのが好きな方大歓迎!】【初心者でもOK!】という文面。これなら私でも占い師としてデビューできるかも!?と思ってしまうと思いますが質問される内容は友人などに相談するような簡単な問題ではないということを忘れないでください。

電話占いで占い師に相談するのはお金を払って相談をします。その金額も1分あたりの価格だけを見れば安いと感じますが20分、30分と鑑定をしてもらうと金額も上がってきます。
用は赤の他人(占い師)にお金を出して相談をするのでいい加減な返答はできません。仮に鑑定をしたが納得してもらえずクレームが来たということもないわけではありませんので安易な気持ちで占い師になろうというのはおすすめしません。

 

占い師募集や求人を見つけたからと言ってすぐに応募をするのではなく、上記の内容を考えてから「本気で占い師として人の役に立ちたい」「有名な占い師になって幅広く活動をしたい」と強い意志がある方は占い師募集へ応募してみてください。